天王寺美術館に行ってきました

富士 (512x384)

 7月7日~7月12日天王寺美術館では、二元会と現代水彩画展が、開催されています。どちらからも招待をいただき

ありがたく鑑賞させていただきました。 どちらの展も100号大が中心で、さすがに見応えがありました。

大作になると、楽しんで描くとの感じではなく、大変な重労働ではないかと思います。次回の出展を薦められましたが。

悩みが一つ増えました。苦笑・・      画面はパソコン画です。
スポンサーサイト

能取湖のサンゴ草

能取湖のサンゴ草

 網走能取湖のサンゴ草。一面の赤いじゅうたんではなかったが、絵にするのにはかえってよかった。

 絵をクリップするとアルバム画面に変わります。 アルバムもぜひご高覧下さい。

ウトロ岬の遠望

知床の海

 知床五湖からの帰り道、物産みやげ物店から見たウトロの岬。若いアベックが、道路の向こうまで渡って岬を眺めている。西日に照らされて二人のシルエットが美しい、絵にするつもりで写真を撮ってきたが、描くことができなかった。

 家内をはじめツアーのみなさんは、みやげの買い物に夢中、外に出て旅の風景を楽しむ人はほとんどおられなかった。

知床の湖畔

知床の湖 (604x416)

 知床半島は秋最中の季節。バスを降りて向かう観光道路は、人々でいっぱい、山道は踏み固められて歩きやすくなっていたが、クマザサと雑木林が続き、時々湖に出会う、湖畔は澄んできれいですが、林はこんなには色づいてはいなかった。

 ずいぶん奥まった湖畔でイーゼルを立ててスケッチされている方がおられてビックリ。

晴れの摩周湖

摩周湖 (460x307)

 北海道のツアーでの思いで。富良野・層雲峡・摩周湖、そして知床と十勝をめぐる、三泊四日の一人¥39、800円のコースです。見どころ満載の行程なので、格安価格のサービスは、あまり期待はしませんでしたが・・・でもなんでこんなに安いの?

 摩周湖はとてもよく晴れて、向こう岸までハッキリと眺めることができた。案内のガイドさんは「晴れた摩周湖を見ると婚期が遅れると言われています、私は又お嫁に行くのが遅れました」とのこと。 美人で可愛いガイドさん、そんなことはないと思いますよ。
プロフィール
サラリーマン卒業後、趣味で絵を描いています。

甲田成二

Author:甲田成二
画像の無断転用は禁止させていただきます。

ランキング挑戦しています↓クリックして下さいね!
カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
お客様の数
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック